First Hawaiian Bank - Japanese

ファースト・ハワイアン・バンク : 2015年度上半期の純利益は$113.3 million 【1億1,330万ドル】、貸出残高は過去最高の$10.3 billion【103億ドル】と発表。

(ホノルル、ハワイ - 2015年7月17日) ハワイ州で最大かつ最長の歴史を持つファースト・ハワイアン・バンク(以下FHB)は、2015年度上半期の純利益が$113.3 million 【1億1,330万ドル】、第2四半期の純利益が$56.8 million 【5,680万ドル】であったことを発表しました。これらは対前年同期に比べそれぞれ3.8%と1.6%のプラスとなりました。総資産は$18.7 billion 【187億ドル】、リースを含む貸出残高は過去最高の$10.3 billion【103億ドル】、預金額は$15.2 billion【152億ドル】となり、それぞれ6.7%、6.6%、7.7%の増加となりました。

会長兼CEOのボブ・ハリソンはお客様への感謝のメッセージの中で次のように述べています。「おかげさまで第2四半期も安定的に業績を伸ばすことができました。これもお客様のニーズに真摯にお応えしてきたことの反映であると感謝しています。FHBは業界でも最高レベルの強固な資本と高い信用度を兼ね備えていますので、今後も引き続きお客様にとって付加価値の高いサービスをご提供して参ります。」

2015年6月30日時点の業績は以下の通りです。
    
  • 総資産:$18.7 billion 【187億ドル】、前年比6.7%増
  • リースを含む貸出残高:$10.3 billion 【103億ドル】、同6.6%増
  • 預金額:$15.2 billion 【152億ドル】、同7.7%増
  • 不良資産比率:0.11%。米国の銀行で最善のレベルを維持。
  • 効率比(※):44.93% 。ハワイ州で最も生産性の高い銀行。


※訳注    効率比とは営業費用を受取利息収入とその他収入の合計で割ることにより得られる比率。銀行の営業効率を示す指標。

第2四半期における当行の主な活動を紹介します。

  • アップル・ペイの利用が可能になりました。FHBが発行する全ての個人向けマスターカード・クレジットカード(Priority DestinationsとPriority Rewardを含む)をお持ちのお客様は、全米の220,000店舗でiPhone6やiPadによる支払いが可能となりました。
  • Heismanトロフィー受賞者でありNFLテネシータイタンズ所属クオーターバックのマーカス・マリオタ選手がFHBのオフィシャルイメージキャラクターとなり、”It All Starts with Yes(全てはYesの一言から始まる)”キャンペーンを展開します。
  • 元ハワイアンテレコムCEOであったエリック・イーマンがFHBファミリーに加わり、社長兼COOとなりました。ボブ・ハリソンは引き続き会長兼CEOとなります。
  • 当行が四半期毎に行っているビジネス・アクティビティ・レポート(BAR)によると、2015年第2四半期の同一店舗ベースにおけるクレジットまたはデビットカードによる売上高は、前年同期比6.26%増となり、16業種中12業種にて上昇しました。これで22四半期連続の増加となりました。

総資産$18.7 billionを誇るファースト・ハワイアン・バンク(www.fhb.com)は、1858年に創設されたハワイで最古かつ最大の銀行であり、世界でもトップクラスの金融機関であるBNP Paribasの子会社です。

本リリースに関するお問い合わせ:
日本営業部 – ホノルル (808) 525-5152

オンライン・バンキング

各種お申込み※

Apply

※オンラインからのお申込みには居住地や国籍などの諸条件がございます。詳しくは当行までご連絡ください。

日本語でお問合せ
ください

カスタマーサービス
(808) 525-8977
ハワイ時間 月~金 8:30am-4:30pm
(当行の休業日を除く)

W8BEN記入見本